宮本佳美

参加期間:2015年7月27日~9月

宮本佳美は京都から来たの画家であり、特別なテクニックを持っているので、絵を美しい白黒写真みたいになっています。

参加前の計画
『オランダの低地、多湿という地理的条件から生み出されると仮説付けられれいた「Dutch Light」。その根源を探り自分自身の絵に描かれる「」を今一度見つめ直す機会としたいと思い、出島AIRに参加した。』

参加中の進化
『プロジェクト中はオランダ各地の美術館を見て回り、特にオランダの風景画を多く描いたハーグ派の作品を中心にリサーチした。またオランダの海、湿地帯、丘等、地理の異なる場所を訪れ、光の見え方を観察する他、写真に収め見比べる等検証をおこなった。「Dutch Light」というDVDをサポートスタッフの方に手伝って貰い詳しく検証した。

プロジェクト中レンブラントの絵の一部を模写したり、実際にオランダで撮った写真を元に絵を描いて自分なりの光の検証の答えを見つけるべく模索した。』

レンブラントの光
佳美は、オランダのレンブラント名人の「光」を表現する方法に敬意をしています。自分の写真について何かを発見すること、どのように 「光」の源を見ることができるように同じ環境にいたいと思いました。しかし、いくつかの美術館へ訪れましたから、佳美は西洋近代美術を見たりにし、元の目的とは違っても、この方向性を追求することはもっと重要であると感じました。

プロジェクト参加後
『本来の目的とは異なるが西洋の現代美術を目の当たりにし、感じた事はコンセプトの重要さだった。その点において現在私自身の作品を語る際、より明確な意味をもって語れる様になったと思っている。オランダで出会った様々な人の話を聞く中でプロとして絵を描いていく事をよりシリアスに受け止めるようになった。』

『私の「斧」と言う芸術家の本のために、佳美さんに書道で俳句を書くように頼んだので、この詩の正しい英語の翻訳について話し合った。それを楽しんだが、書道の練習は久しぶりだったので、緊張しました。 結果は美しかったです。』

– Lies Verdenius、版画家

サイトをご覧ください:>http://www.imuraart.com’/artist/archive/post_19.html <

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *