横山大樹

参加期間:2014年7月29日~8月30日

横山大樹は、大阪の地元の活動、音楽、舞踊、演劇のパフォーマンスに焦点を当てたアーティストです。

参加前の計画
グリーンティーチーズフォンデュパーティを企画し、緑と黄色のドレスコードを設定。バンドによる音楽と日本の盆踊りなどのダンス要素を取り入れ、チーズの鍋にディップする前にルールを決めようと考えていました。スポンサーが見つかればベストでした。 

参加中の進化
スウェーデンのMarching bandというバンドを呼ぶべくコンタクトをとり、興味を示してもらっていましたが、日程が合わず呼べませんでした。しかし、その代わり現地在住の日本人がDJをしてくれました。そしてドレスコードを知らない飛び入りの人が来てもいい様に、市場で緑色と黄色の布を買って用意しました。本番は私がなかなか場所を決められなかったので、Hannieがスタジオの庭を用意してくれ、他のサポートスタッフの方々の協力もあり、たくさんの人が集まりました。結果オーライのような形でしたが、私が滞在したのは夏で過ごしやすい気候の時期だったので、屋外でパフォーマンス。

お茶とチーズ
ポットラック踊りは大きな「緑茶チーズフォンデュパーティー」であり、大樹が料理と踊りと歌でオランダ人と日本人を統べ合わせました。ポットラック踊りを準備するために、大樹はゴーダとエダムのチーズマーケットに訪れたり、テクセル島のいくつかの農場やチーズショップへ訪れに行きました。

プロジェクト参加後
私がプロジェクトに参加した2014年の1年後、2015年の12月に、ポーランドのヴロツワフという都市のアートフェスティバルでポーランドのチーズと日本の抹茶を使ったパフォーマンスをしました。このパフォーマンスはアムステルダムでの経験なしには成し得なかったので、アムステルダムでパフォーマンスできて本当に良かったです。

大樹さんは日常生活の出会いからパフォーマンスアートを作り、「緑茶チーズフォンデュパーティー」では多様性の人々を統べ合わせました。

– Ellie Duinker, 写真家、繊維デザイナー

サイトをご覧ください:横山大樹

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *