菅谷奈緒

参加期間:2013年7月20日~8月7日

菅谷奈緒は政治的、社会的主題について研究しているリサーチアーティストです。

 参加前の計画
『参加前の計画は、大麻や飾り窓地区のイメージからオランダは治安が悪いと思う日本人もいるので、人びとの「治安が悪い」というイメージについてリサーチすることでした。』

想像上恐怖地図
意図はアムステルダム市民がアムステルダムの危険な地域を何と考えているのかを研究し、地図でこの「想像上恐怖」を視覚化しました。想像上恐怖地図のために菅谷はアムステルダムの様々な地域を訪れして、土地の人を接見しました。一番大切な質問は『アムステルダムに一番危険な場所は何ですか。』のでした。しかし、人が自分の近所は危険だと言うことが少ないでした。また。菅谷はソーシャルワーカーと会って、安全でない感情を減らすためにどのような措置があることや危険な近隣の警備の考えについて詳しい会話をしました。

参加中の進化
『実際にオランダへ行くと、飾り窓地区について治安が悪いという意見はほとんどなく、移民の居住区を治安が悪いとする意見が多数であることを知りました。排外主義、国家主義が台頭する中、移民と共に生きるためのオランダの人たちの実践が興味深かったです。』

プロジェクト参加後
『現在の芸術活動への影響としては、移民問題に関心を持つようになりました。』

Deshima AIRは菅谷の成果が面白いと思い、アムステルダムに新しい洞察を得るのを出来てもらいました。例えば、メディアの影響で、1つの都市であっても人々によってイメージが違っています。

アムステルダムである恐怖の探検をビデオで報道しました。見てみてください。> https://youtu.be/4YgLlT2U4uw <


そこで、レポートをご覧ください。

菅谷のサイト:> http://naosugaya.com/ <

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *